• 廃油を回収

    油タンクは永年の使用により底にスラッジが溜まり意外と汚れています。タンクが汚れていると配管内のつまりが原因で工場などの 運転管理に影響が出る可能性がありますので、定期的なタンク内の清掃をお勧めします。タンク内清掃により、油の品質が維持できます。

  • 廃油を回収

    消防法の一部改正(平成16年4月)により、設置後15年経過した地下タンクは、毎年の検査が義務付けられました。 永年使用しているタンクは当然老朽化も進んでいます。特に地下タンクは通常目視できない為、漏洩事故防止のために事前に検査が義務付けられています。

  • 廃油を回収

    油タンクの設置・配管工事から廃止工事に至るまで、消防署届け出の手続きも当社が代行して実施します。 近年は特にガソリンスタンドのセルフ化に伴い、タンクの廃止工事が増えています。
    ※地下タンクの廃止工事は、事前にタンク内の残油を抜き取り中和剤洗浄による油分の除去後、
    ◎タンクを掘り起こし、撤去する。
    ◎砂をタンク内に埋め戻す。
    この2通りしかありません。
    当社は全てに対応でき、処理も可能です。

山口興産シンボルマーク